薬品

痩せない原因は食事制限?

置き換えダイエットやファスティングなど、「食べないダイエット」が人気ですが、なかなか結果が出ないという人も意外と多いようです。 単純に考えて、食事(燃料)を制限したり控えたリすれば、必然的に今抱えている脂肪がそれに代わり燃えてエネルギーになってくれるので、痩せるハズですよね。 でも、結果が出ないわけです。 その場合はちょっと考え方を変えて、ダイエットのやり方を思い切って変えると良いと思います。

食べるダイエットを試してみる

食べないダイエットが功を奏しない場合は、逆に「ちゃんと食べるダイエット」に切り替えてみてはどうでしょうか? 普通に考えれば食べれば太りますよね。でもちゃんと食べる事によって大きなダイエット効果を得られる根拠があるのですよね。

ちゃんと食べるとダイエット効果がある理由

なぜ「ちゃんと食べる」事がダイエットに繋がるのでしょうか?それには「基礎代謝」が関係しています。 基礎代謝とは、生命を維持する為に消費されるエネルギーを指します。 私たちは運動していない状態でも、心臓や胃や肝臓、腸などの内臓が動いていますよね。 これらは私たちが就寝中でも勝手に動いてくれるわけです。ですので、自身が知らぬ間にエネルギーは消費されているんですよね。 こんなふうに、エネルギーが消費されているという事はカロリーが消費されているという事です。 つまり、基礎代謝がちゃんと機能する事で自然とダイエット効果になっているわけです。 だから、基礎代謝が高い人は太りにくいのですよね。

基礎代謝は食べる事によって向上する

基礎代謝はそもそもどんなふうに成り立っているのでしょうか? 私たちが食事を摂ると、胃で分解された後、腸で栄養が吸収されるわけですよね。 そして腸で消化された栄養分がその後血管に取り込まれて、全身をめぐる形となります。 こうして栄養分が各細胞に浸透し、その栄養分を燃やす事で体内の各臓器は動いているのです。 つまり、腸で吸収された栄養分が「基礎代謝の燃料」となっているという事なんですよね。 だからもし、食事によって栄養分の供給が制限されたり途絶えてしまうと、基礎代謝に使われる燃料が不十分になる為、基礎代謝が低下し、太り安い体になってしまうわけです。

基礎代謝を上げるのは消化の良い栄養のある食べ物

だからと言って、基礎代謝を上げる為にやみくもになんでも食べて良いというわけではありません。 例えば、消化の悪い肉類は腸での消化が悪く、悪玉菌を増やして腸内の食べ物の吸収を悪くします。 また、ジャンクフードや加工食品は栄養が少ないわけです。 このような食品は基礎代謝の良質な燃料ではないのですよね。 ですので、きちんと消化されやすい消化の良いモノ、そして栄養のあるモノを食べる事が結果として基礎代謝を向上させるという事です。