薬品

酵素サプリは腸内環境を改善する?

酵素を食べるとダイエット効果があると言われていて、女性を中心に酵素サプリが流行っています。 酵素や代謝を良くるのでダイエット効果がある・・・何となくそれを聞いて酵素サプリを使用しているわけです。

酵素サプリはヒトの体内で何をする?

多くの人は、酵素サプリで酵素を摂取すると、体の中で何が起こるのかを知りません。 酵素サプリは、やせ薬ではなく、野菜やフルーツなどの食物に発酵菌を振りかけて発酵させたものをエキスとして抽出して加工したもの。 要するに酵素サプリは発酵食品なのです。 発酵食品には酵素が含まれるわけですが、この酵素とはつまることろタンパク質の一種です。 このタンパク質は、消化を促進する働きがあるため、食べ物の消化がよくなり腸内環境が良くなります。 ですから、昔から「消化の悪い食べ物(お肉など)は野菜と一緒に摂るとよい」と言われているのは、野菜に含まれる酵素が固いお肉を消化を促進するからなのです。

腸もれとは?

現代人の食生活は食物繊維が足りず、腸内環境が良い状態ではありません。 また、改良小麦に含まれるグルテンの影響で腸壁が弱っていたり、穴があいて腸内の内容物が漏れ出す症状も増えているそうです。 こうした症状を腸もれと言います。 腸もれは、現代人の間で広がる食物アレルギーや、さまざまな体の不調の原因になっていると考えられています。 ようするに、腸に微小の穴が開いていることによって腸内から未消化の食べ物や有害菌が漏れ出し、それを免疫細胞が退治しようと働きかけるため、各所で炎症が起こるわけです。

酵素サプリが腸もれの予防に効果的なわけ

ヒトの体に不調をもたらす腸漏れはどのようしたら改善したり予防できたりするのでしょうか? 腸壁を修復したり強化したりする働きをする物質を増やすことで可能となります。 それは「短鎖脂肪酸」です。 短鎖脂肪酸は腸内菌の働きが良いときに作られる脂肪酸なのですが、これが腸もれを修復したり予防したりするのです。 腸内菌の働きを良くするためにおすすめなのが、酵素サプリ。 酵素サプリに含まれる酵素は、消化を促進するという働をするので、未消化の食べ物をエサとする悪玉菌が増えにくい腸内環境づくりに役立つのです。 その結果、腸内で短鎖脂肪酸が作られやすくなり、腸もれが改善されていきます。 ちなにみ、腸内菌が作り出す短鎖脂肪酸は、腸で吸収されると脂肪まで到達し、脂肪の燃焼にも働きかけをおこなうようです。

【参考】酵素サプリ人気ランキング【2020年版】