薬品

酵素サプリの効果を高める要素とは?

近年は酵素ダイエット法とか、酵素健康法などの人気が背景となり、本当にたくさんの酵素商品が溢れるようになってきました。 その中でも、酵素サプリはもっとも人気の商品。 ネットの口コミで人気が広まって老若男女に愛飲されているのですよね。 酵素サプリはダイエットや美容、健康に効果が期待できるサプリメントなのですが、そのような効果が出るか出ないかは、酵素サプリが効果的に働くかによります。 ですので、このページでは、酵素サプリを強化するお酢と体温について紹介します。

お酢は麹菌(善玉菌)をサポートする

実は、お酢にたくさん含まれる「酢酸」には、酵素を活性化させる特徴があります。 また、酵素サプリの麹菌は善玉菌に分類されるので、善玉菌の見方=麹菌の見方という事になります。 私たちの腸内には、善玉菌と悪玉菌(日和見菌はここでは省きます)が存在していますが、善玉菌の勢力より悪玉菌の勢力が勝ってしまうと、麹菌もなかなか活躍できません。 ですので、悪玉菌の精力を抑えてあげれば善玉菌である麹酵素は活動しやすくなるのですよね。 ここでひと役かうのがお酢に含まれる酢酸です。 酢酸は悪玉菌の精力を抑えて、善玉菌が活動しやすい腸内環境をつくる働きをします。 お酢は麹菌にとって味方ということです。

酵素の反応を高める体温

酵素には、活動しやすい温度というものがあります。 最も酵素が効率よく働く体温は38~40℃だと言われています。これは私たちが体温計ではかる36~37℃くらいなのです。 この体温の時に私たちの体内の酵素はガンガン活動するのですよね。 でも、特に現代の女性は年々低体温化が進んでいます。平均体温が35℃代という人はとても多いのではないでしょうか? この場合、酵素の反応が悪いと考えられます。 ですので、酵素サプリの効果を実感したいのであれば、体温を上げるように普段から気を付けたほうが良いでしょう。 例えば、下記のような事を日常生活を送る上で意識してみて下さい。
  1. お風呂にちゃんと浸かる
  2. タバコをやめる
  3. 運動をする
  4. ストレスを溜めない
これら4つは、健康的な形で上げられるのでおすすめです。